声のトラブル相談

 

 

・発声しにくい

・声がつまって話しにくい

・声が震え

・リラックス時は,スムーズに声が出る

・電話で話しづらい

・大勢の人の前で、話しづらい

・声が出にくいので精神的につらい

 

等々の「声」のトラブルでお悩みの方々

 

 

まずは、耳鼻科等の病院での診断をお勧めします。

原因がわからない場合や、病院での治療方法に納得の行かない方は当社にご相談ください。

 

 

のどがつまったようになって声が出にくい、声が震える等の症状を、痙攣性発声障害(SD:spasmodic dysphonia)と呼びます。

その多くは、病院での検査で異常はないと診断される事が多く、心因性と診断され精神安定剤を服用しても、効果がなかったと言う話を良く聞きます。

精神的ストレスや心因的な原因による発声障害は、心因的発声障害と呼ばれ、

突然の失声が典型的な症状です。女性に多く、思春期から30歳までの発症が多いと言われています。

 

痙攣性発声障害や心因的発声障害の、根本的な治療はむつかしく、

医学的なボイストレーニング / ボツリヌス毒の声帯内注射 / のどの軟骨の手術 / などの治療が行われています。

 

ボイストレーニング歴36年の経験で、それぞれの症状に合った「声の出し方」をお教え(ボイストレーニング)致します。

痙攣性発声障害と病院で診断された友人も3回のレッスンにて自分自身に合う発声を得て、症状が軽くなりました。

 

 

「声のトラブル」でお悩みの方、是非一度、ご連絡ください。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now